素人の僕が古いカブを再生する

中古バイクいじりの楽しさに目覚める。 ホンダ・スズキ・カワサキ・ヤマハ・ハーレー等、国内外のマシンも多数登場!!

バイクアニメ金字塔

日ごろバイクと言っておりますが、他にも単車、オートバイ、二輪など他にも呼称があるものの、一般的に日本で付けられているこれらの呼び方は正確には“二輪”以外は「ちょっと・・」って感じでズレてます。

英語だったらモーターサイクルが最も主流ですが、「そろそろ俺、このモーターサイクル買い換えようと思ってるんだけど・・」なんて言った日にゃ、「はぁ~?!」という答えが返ってきそうですね。

スグに短く呼びやすくしてしまう我々日本人。

バイクだけだと便利ですが、英語圏の人には自転車って事になるんですよね。。

なんてまたお題からそれつつありますので、軌道修正、軌道修正。

 

バイクと漫画の絆

バイクと漫画には親和性があって、これまでも多くの作品が登場し、かつての学生世代の中で読みふけった方も少なくないでしょう。

不良に憧れた方、暴走族に所属していた方、峠の走り屋として慣らした方。

80~90年代売れに売れた漫画も、今や部数はピークの1/3と減少傾向。

 

バイク自体の市場に至っては1/6程のスケールとなり、景気低迷と少子化でその需要は減るばかり。。

このまま日本でバイクは絶滅してしまうのでしょうか?

そこで今回はあえて漫画に焦点を当てて、過去の名作を検証しつつ、現在最もアツい作品などのご紹介もしていきたいと思います。

 

 

まずは過去作品から。

いろいろ調べてみて、多くのシーンで1位推す声が多かったのがキリンでした。

 

■キリン(作者:東本昌平)

キリン単行本(1~39全巻)

連載期間:1987年-1990年(ミスターバイクBG→ヤングキング→ヤングキング別冊キングダム→ヤングキング)

累計販売部数:600万部

主人公のマシン:スズキ刀GSX1100S(中古相場 ¥778,000~1,790,000)
GSX1100S_R

 

キリン実写版DVD:POINT OF NO-RETURN! PREMIUM EDITION (3枚組)

真木蔵人が主演、国内で撮影された作品。

第1部にあたるPoint Of Return編の映像化となります。

低予算ながら作品を観た方からの評価は高いものとなっております。

 

ちょっとあらすじ:第1部は、スズキの”刀”GSX1100S乗りの”キリン”と呼ばれる30半ばの男と、ポルシェ911の間に繰り広げられる高速バトルを描いた作品。

全4部構成、39巻。

この漫画家の東本さんはAKIRAで有名な大友克洋さんのアシスタントを努めた経験があるそうで、画風には影響がみられるとの批評もあります。

 

ひとこと:はっきり言って全然知りませんでした。 これから勉強します。

 

■バリバリ伝説(作者:しげの秀一)

バリバリ伝説単行本(1-38全巻)

連載期間:1983年-1991年(週刊少年マガジン)

累計販売部数:2,600万部

 

主人公のマシン:ホンダCB750F(中古相場 ¥349,000~1,500,000)
CB750F_R

 

ちょっとあらすじ:俗称”バリ伝”。 高校生の主人公<巨摩 郡>は、公道(峠道)レーサーとしてその天才的なバイクの才能発揮。

ライバルとの切磋琢磨を通して、プロレーサーの道へ。

 

ひとこと:ガードレールキックターンは真似しちゃダメよ!

 

■あいつとララバイ(作者:楠みちはる)

あいつとララバイ単行本(1-21全巻)

連載期間:1981年~1989年(週刊少年マガジン)

累計発行部数:不明(どなたか教えてください)

 

主人公のマシン:カワサキ750RS(中古相場 ¥1,050,000~3,580,000)
750RS_R

 

ちょっとあらすじ:高校生の主人公<菱井 研二>が恋愛・暴走族との抗争・レースを通してライダーとして成長していく物語。

 

ひとこと:常にノーヘル??・・・と思ってました。

 

■カメレオン(加瀬あつし)

カメレオン単行本(1-47全巻)

連載期間:1990年-1999年(週刊少年マガジン)

累計販売部数:3,000万部

主人公のマシン:ホンダCB750F(中古相場 ¥349,000~1,500,000)

ちょっとあらすじ:元いじめられっ子の童貞主人公<矢沢 栄作>が高校デビューを図り、伝説のワルを目指す。

ハッタリと悪運だけどこまで登りつめる事ができるのか⁈

 

ひとこと:ヒーロー像とかけ離れたアホすぎるキャラに良く笑わせてもらいました。

 

■特攻の拓(作者:佐木飛朗斗)

特攻の拓単行本(1-27全巻)

連載期間:1991年-1997年

累計販売部数:2,900万部

主人公のマシン:ヤマハFZR250R(中古相場 ¥179,000~399,900)
FZR250R_R
ちょっとあらすじ:こちらもいじめられっ子<浅川 拓>が主人公の、暴走族の抗争が描かれるヤンキー漫画。

カメレオンとは異なり、ギャグ色は抑えられています。

 

ひとこと:これまだ実は、未完作なんですね。

 

■湘南爆走族(吉田聡)

湘南爆走族単行本:1-16全巻

連載期間:1982年-1987年(少年KING)

累計販売部数:不明(どなたか教えてください)

 

主人公のマシン:スズキGS400E(中古相場 ¥302,400~598,000)
GS400E_R

 

湘南爆走族:実写版DVD

なんと江口洋介、織田裕二はこれが映画デビュー作品。

ちょっとあらすじ:”湘爆”の愛称で親しまれた作品。

優れた手芸とバイク技術を持つ湘南爆走族の2代目リーダー<江口 洋助>が、恋愛・友情・ケンカを通して若者たちの青春描かれる。

 

ひとこと:当時から暴走族大嫌いでしたが、バランスよく笑いとシリアスがブレンドされていて、好んで読んでました。

氣志團ってこの影響受けてますよね?

 

今、話題のバイク漫画

「ばくおん!!」っていうアニメはご存知ですか?

■ばくおん!!(作者:おりもとみまな)

ばくおん単行本(1-7巻 最新刊)

連載期間:2011年より連載中(月間ヤングチャンピオン)

累計販売部数:120万部突破、記録更新中

主人公のマシン:ホンダCB400SF Spec3(中古相場 ¥300,000~550,000)
1 CB400SF SPEC3_R

ちょっとあらすじ:ひと昔前の 「不良(暴走族)x バイク」モデルからの脱却、「女子高生 x バイク」の学園モノ。 女子高校生の主人公<佐倉 羽音>が二輪に興味を抱き、免許を取得。 バイク部に所属し、メンバーとの交流でバイク愛を深めていく。

 

ひとこと:車種やメーカーに詳しくないバイク初心者にわかりやすく、且つ玄人好みのストーリーが散りばめられて新鮮。 これがバイク女子、ひいては再バイクブームの火付け役となるか⁈

 

乗りかかった船です。

次の項でこの ”ばくおん‼” について特集を組んで、少し掘り下げてみたいと思います。

<次回へつづく:鋭意作成中>

公開日:
最終更新日:2017/08/20