素人の僕が古いカブを再生する

中古バイクいじりの楽しさに目覚める。 ホンダ・スズキ・カワサキ・ヤマハ・ハーレー等、国内外のマシンも多数登場!!

太郎、バイクバブルの波と共に去りぬ タコ師匠のバイク史:その33

      2017/04/16

900ニンジャ、

NS 250R、

ガンマ250、

当家にバイクのバブルラッシュです。

翌年ならばNSR やTZR が発売されていたのですが、この年にあった最強のバイク達が集まります。

ニンジャを登録すれば爺さん、大型3台体制。

900㏄が2台と750㏄が1台。

2ストのレプリカも2台。

見事にキャラが被ってます。

250cc は2台共売却するようです。

柔姿勢の爺さんにはレーサーレプリカのセパハン、前傾姿勢のポジショニングが乗りにくいらしく、2台を売って少し足したら逆輸入車のYAMAHAV-MAXも買えると鼻息が荒いのです。

冷静なオカン、「こないだ原付3台もいらん言うて処分しはりましたな。大型4台、5台もいりますかな?」

スクーターにしかのらないオカンに、水冷ニンジャと空冷Zの違いが解るはずがない。

わが家は爺さんがルールブック、余所者のオカンが少々吠えた所で変わりません。

Z2を僕の名義に変更し、2スト2台を売りに出したのです。

道場門下生に定価から10万円引きで即日完売。

NS もガンマも道場入口に並べた瞬間に契約が決まりました。

値引きなんか無しで売れる時代、10万円引きは破格でした。

最近は土佐鬪犬、太郎が動けなくなり食欲もなくなってきました。

かなり弱って散歩にも行けません。

牛、馬も診て貰ってた獣医師さんがこの犬は100歳ぐらいです。

病気とかはなくこのまま亡くなっても老衰です。と言ってました。

いつもは牛小屋の角にいる太郎ですが、動けなくなってからは工場の中に入れてごはんや糞尿の世話をしながら暮らしました。

そしてある日の夜、毛布の中にくるまり、僕の腕の中で亡くなりました。

◼太郎の墓を、、、◼

わが家の墓に入れようとしたのですが、犬と言う理由で拒否され、所有地の竹藪の中にユンボで穴を掘って埋めました。

ペットロス症候群って言葉なんぞない時代。

僕は頭がおかしくなるぐらい泣きました。

でも泣いてばかりでは

猪木は倒せません。

次なる犬がリンカーンの後ろに座ってやって来ます。

可愛いのが2匹座ってます。

赤ちゃんの男の子2匹。

耳がピーン、足がスラリ、ロード・ウォリアーズみたいな首輪。

筋肉質の肉体。

ドーベルマンの兄弟に僕は『アニマル・ウォリアー』『ホーク・ウォリアー』と名付けました。

散歩だけでむちゃくちゃな距離を走れる2匹達と毎日葛城山脈を横断し、僕の太ももは競輪選手のように膨らみ、肩幅はLLサイズもキツイ幅広に成長しました。

テニスの方は万年補欠。

陸上は近畿大会で破れるものの、国体の聖火ランナーとして地元を走りました。

空手は大会に出るスケジュールが合わず、黒帯の貰える段位だけは取りました。

新格闘技のみ全国大会に出場、相手のガードすら破壊する膝蹴りで優勝しました。

ある初秋の日、ジャイアント馬場がトークショーで近所のダイエーにやって来ると知りました。

猪木と並ぶ日本の代表格のプロレスラーです。

◼馬場を倒したら猪木も俺と戦わなアカンようなるやろ◼

トークショー終了後、車に乗る前の馬場に

「コラ馬場!ここで俺と戦え!」

すぐに付き人の若手レスラーやら大人数人に捕まえられ、叩きのめされました。

僕は若手の足を踏みつけるのが精一杯でした。

「多いんだよね、こういう輩」

若手レスラーの冷たい東京弁にタイガージェットシンが憑依した僕は、もう一度襲いかかり、とうとう警察に連れて行かれました。

田舎のどさ回りの営業に来てる、金の亡者の馬場が中学生の喧嘩を買うわけないやろ?と迎えに来た家族は爆笑しています。

一対一やったら負ける訳あらへん!

初代タイガーマスク(佐山悟)が、近所のダイエーにトークショーでやって来ると新聞広告で知りました。

馬場襲撃未遂で学習していた僕は、馬場(本名ではない)君を連れて行きました。

馬場君はレスリングで覚醒し、全国的にデカクて有名なアマレスラーになっていました。

身長は185㎝を超え、体重も家庭用では測定不能、当家の業務用秤では116㎏をマークするその辺の若手プロレスラーよりゴツい中学生なのです

タイガーのトークショー中で見たことのある後ろ姿を発見。馬場君がタイガーに質問で手を上げます。

馬場君「僕と戦って勝てますか?」


佐山タイガー「勝てなかったらプロとしてリングに上がってないよ。」

司会文福「トホホーッ!ほな後で戦ってもらいましょう」

高校生になった京やんが、僕と馬場君に気付いて手を振っています。

京やん「タイガーマスクこの後でサイン会握手もついて500円やって。」

「終わったら二人で佐山シバキあげて、猪木と戦うキッカケにしたるからそんな500円もったいないで」

止めてるのに京やんはサイン会に並んでいます。

佐山の腕はうちの親父ぐらい太かったと興奮して戻ってきました。

うちの親父ならすでに左のストレートで倒してます。

サイン会終了後、馬場君と二人で佐山に声をかけました。

「さっき、戦って勝てる言うてたやろ? 今からヤロや!」

右アッパーを狙い殴りかかると、付き人らしいゴツいのが横からしがみつき、僕の顔面を締め付けました。

力で外そうとしますが、メチャメチャ強くビクともしません。

馬場君が外そうとしますが、全く剥がれず。

僕は必死に暴れますが、全く締め技は剥がれずにギブアップします。

完璧に負けた僕は、非礼を詫び、佐山に服にサインをしてもらいました。

後に判明したのですが、若手のレスラーは、現在新日本プロレスの解説者の山崎一夫さんでした。

無名の若手プロレスラーに手も足も出なかった僕は落ち込み、京やんにスガキヤのラーメンをおごって貰い、2回お代わりしました

馬場君も何回もお代わりし、あのスガキヤで支払いが3000円超えてました。

 - タコ師匠のバイク自分史 , ,