日本製と中国製 同じバイクでも・・・ GN125の場合

SUZUKI GN125h

さてさて、人気記事(?!)タコ師匠の【単車男】もひと段落し、バイク本体のお話に戻ってきました。

記事数も多くなり、カテゴリーが散り過ぎると管理しづらいので、中国などアジア生産系の車体に関する記事はココ、

甦れる?! モンキーX中華

のカテゴリーに集約していきますので、以後お見知りおきを・・・。

 

さてさて、GN シリーズは 37年ぐらい前に日本で作られて、現在は志那SUZUKIから輸入車として入って来てます。

GN 125h ←このhとか2NとかZ とか後ろにつくんですね。

37年前の設計、大丈夫なんでしょうか?

って思った貴方、間違いですよ。

問題は、37年前の技術ではないのです。

37年前だろうが、1年前だろうが、今年だろうが贔屓目に見なくても、日本の技術はたぶん凄いのです。

 

問題は 【志那(China)の地で作られていること】 1点。

命を載せて走る、しかも国により、100㎞/h 近くで走る場合もあるのに、大丈夫なんでしょうか?

 

結論から言うと

【本気整備したら大丈夫】
【メンテを怠ると死ぬ!】
【三年使い捨てと割り切る】

 

GN シリーズは

・乗りやすい
・燃費がよい
・新車から値段が安い

×タイヤがチープ
×60㎞/hで流れるバイパスでの合流へ加速不足
×SUZUKIにしたら無駄な装備品がある(今何速か知らせるランプ)

 

中古なら特にやっておくべき事

  1. タイヤを純正からグリップあるのに換える
  2. 暗いヘッドライトを換える
  3. プラグコードを換える
  4. フレームの湾曲部分のサビ取り
  5. 正しいオイル交換をする

ドレスアップするわけではないので、こんなもんです。

 

この車体の場合、一番の問題はリアのライトカバーが、ぶつけられてセロハンで応急措置してた事です。

小学生の夏休みの工作で、花丸貰えるレベルではあるのですが。

走ってて、リアランプのセロハンが飛んでいったなんて、不細工な話イヤですよね?

車体により優先順位が違うので現状を見て判断するのも大切です。

 

では、改めてこの車体で優先順位

  1. リアランプカバー
  2. フレーム湾曲部分サビ取り塗装
  3. バッテリー交換
  4. プラグ交換
  5. オイル交換

で進めていきます。

 

タイヤは1か月前にIRC に交換済ですので、省きます。

コメントを残す