ベルトの外し方 駆動系の交換 その2 レッツ2(CA1KA)を再生する

気になってた錆びたキックギア、摩耗カスだらけのクランクケース

ここまでやったらレッツ号をキチンとメンテしてやりたい・・。

タコ師匠の ”レッツに1万円以上かけるべからず” のアドバイスをスルーし、進んでしまいました。

そうこれはタコ師匠のように単車に詳しい人間は別として、僕の様ないわゆる素人にとっては、原付(レッツ2)の構造を知り、メインテナンスへの知識・経験をより深める為の学習機会、決して無駄にはならないと思うのです。

授業料みたいな感じですね。

 

前回記事で紹介したドリブンフェイスを外す為に必要となる専用工具、ユニバーサルホルダーを穴に噛ませてボルトを緩めていきます。

ここでの注意点は、

  • ユニバーサルホルダーがドリブンプーリーの2つ穴にしっかりと入って、ネジでロックされている事
  • ボルトを緩めていく段階で、回転方向に逆らう様にユニバーサルホルダーの取っ手部分(赤い箇所)が地面にしっかり噛んでいる事

です。

ココを抑えて初めてドリブンフェイスを外す事が可能となります。

長年開け閉めしていない箇所をメンテするには、必ず対象と軸に事前に556など噴射して抵抗を減らすようにしましょうね。

 

とりあえずおっかなびっくり回して緩め、取れました。

 

クラッチユニットが出てきました。

ベルトのカスで汚れていますね~。

 

ケース内側も真っ黒に汚れてます・・・やっぱ外して正解!!

 

次にクラッチユニットも外していきましょう!!

ドライブ側にかかったベルトと一緒に、スルスル手前にスライドします。

 

取れました。

最後に残ったのはドライブプーリー!!

 

ここまで大丈夫でしょうか?

交換しない、または交換のきかないパーツに関しては、しっかりと錆びや汚れを落とした上で、適所に潤滑油を足してあげましょう。

たったそれだけの事で不調がたちまち治ってしまうケースも多いのです。

この後、次回記事にていよいよドライブプーリーを外していきますよ!!

 

 

コメントを残す