プーリーとウェイトローラー 駆動系の交換 その4 レッツ2(CA1KA)を再生する

ドライブプーリーの裏面をチェック&分解しよう

無事抜き取ったプーリー、おめでとうございます、もう少しで完了ですから頑張りましょう!!

裏返してみるとプラスネジで3点留められているのがわかりますね。

ここを緩めて、更に内部チェックを進めて行きましょう。

 

ネジを外したら、こんな感じで蓋が取れます(画像左側)。

お次はこの更にコイツ(画像右側)を外して内部へ進みましょう。

 

下の赤丸印で囲ったパーツがウェイトローラー、そして黄丸印で囲ってあるパーツがスライドピース。

この両方を新しいパーツと交換します。

特にウェイトローラーが長年交換されないまま長期間が過ぎると、偏って摩耗してしまったり、加速と最高速両面で影響が出てきますので注意したいところ。

 

とはいえ、どれもこれもお先にクリーニングが必要ですね。

 

新品にしたオイルフィルターにかからない様、エアーでベルトの削りカスを飛ばした後、ブレーキクリーナーなどで余計な油汚れを落としていきます。

金属パーツに発生している錆びも落としますよ~。

普段手も目も届きにくい所なので、こういう機会を絶対逃さないようにしたいものです。

 

インパクトなどの電動工具でも良し、そんな道具のない方はワイヤーブラシなどでもある程度落とせますよ。

 

ここだけを切り取ると、

本当に錆びは落ちているのか?

と思われそうですが、クリーニング前の画像と比べてみてください、全然違いますから。

 

このキックギアなどは逆に分かりやすいでしょう。

 

スライドパーツ、ウェイトローラーを新品に交換し、組み上げていきます。

揃えるとピカピカ感に手ごたえを感じます。

 

本記事、最初の頃の画像と見比べてみてください。

 

これで走りが変わらなければウソ!!

位に思っています。

 

絶対変わりますからね。

 

 

コメントを残す