フロントブレーキシューを交換しよう レッツ2(CA1KA)を再生する

前ブレーキをかける度にキーキーと音が鳴るのはナゼ?!

ところどころに見られるホイールの錆び、エンジンをかけてはじめにかけるブレーキが必ず鳴る事が気にかかっていました。

もうついでだから仕上げてしまいましょう!!

 

レッツ2はドラムブレーキを採用しています。

そのブレーキを支えるブレーキシューは外側から交換する事が出来ませんので、タイヤを外さないといけません。

ちょうど丸印の中身がブレーシューのありか。

 

そこにたどり着くため、まずはじめにホイールを隠しているこのカバーを取り外しましょう。

ボルト1本で留められているので、簡単に外れます。

 

すると前輪を支えるフロントフォークが顔を出します。

この赤丸を緩めますが、反対側にも異なるサイズのボルトがある為、2本の工具を用いて外す事になります。

 

前から見るとこんな感じ。

フロントを外すと支えを失くした車体が前に傾いて、その後の作業がしづらくなる為、専用スタンドを持っていない方は、何か下に履かせるとよいです。

 

通常はフロント、リア用と別々のスタンドがあるのですが、どちらでも兼用出来る便利なスタンドなどコスパも良くオススメです。


リアバイクスタンド バイクスタンド フロント 前輪 後輪 リア兼用 キャスター付 メンテナンススタンド レッド 大型 中型 バイクスタンド 前後 スタンド32002

 

前輪に正面を向く形で、タイヤの左手がボルト、右手がカラー、そしてなが~いボルト(アスクルシャフト)になっています。

コレYoutubeや他の画像でチェックしようとしても材料がなくて、戻す時戸惑いましたので掲載しておきます。

 

ボルトを抜いたら、タイヤがコロンと離れます。

 

そしてタイヤと離れた丸印で囲われたパーツ、これがブレーシューなのです。

 

ようやくのご対面となりましたが、力づくで引きはがすのはヤメましょう。

画像のように半円状のパーツ2つで構成されていますので、外す為には片側ずつ手前に折る要領で進めると取れやすいのです。

 

新旧のパーツを並べてみました。

古い方は削れたカスなどで汚れてしまっています。

 

ブレーキとして実際に接する箇所を見比べると、新型には斜めに切り込みが入れられています。

コレで鳴き、止まってくれよ~。

 

外した時と同じ要領で新品を取り付けます。

この時必要なのは、

  1. 取り付け前にカスをエアー等で吹き飛ばし、パーツクリーナー等でキレイにする
  2. 赤丸部分にグリスを塗りこむ
  3. 片側ずつ、ブレーキシューを立てた状態からハメて、その後に寝かせる(と画像の様な状態になる)

です。

そしてくれぐれも注意して欲しいのは、それ以外のところに決して潤滑剤を使用しない事です。

ブレーキですから、抵抗を失くすような行為はご法度と心得てください。

 

ブレーキシュー交換が完了したら、ここからは現状復旧です。

丸印を意識して左のフロントフォークから出た突起に、窪みが合わさるよう調整しながらボルト留めですよ。

 

右側ではカラーを最初にはめましょう(カラーは汚れを落として、グリスを塗りましょう)。

これがなかなか慣れないと戸惑う作業かも知れません。

 

そしてなが~いボルト(アスクルシャフト)で貫いてやりましょう(シャフトは汚れを落として、グリスを塗りましょう)。

 

反対側に頭が出てきたら、コチラからもボルトでお迎えして、締め付けたら完了です。

※トルクレンチの無い方は、ボルトのシメ具合を解体前にマーキングするなどで対応しましょう。

 

後日談ではございますが、シュー交換後まったく異音がなくなりました。

買えてよかったわ~。

 

今回使用した交換パーツ:フロント用ブレーキシュー

 
キタコ ノンフェードブレーキシュー SS-4N レッツ レッツ2 CA1KA (フロント) (770-2012020)

【本日の作業】バイク屋での工賃目安:¥2,500~¥4,000+¥1,100~¥1,500(フロントブレーキシュー)

 

コメントを残す