ヘッド、ウインカー、テールのバルブ交換 レッツ2(CA1KA)を再生する

ヘッドライトが片方でも切れると何かと不便です

悪いとこだらけのレッツ号。

まず手始めに点火系からいきましょう!!

 

ある日突然付かなくなったヘッドライト(下目)。

しばらく上目だけで過ごしていましたが、これしていいのは可愛い女の子だけで、乗り物でやられると迷惑ですよね。

タコ師匠とは異なり、常識人の僕は気にしてしまうのです。

・・という訳でレッツ号にマッチするバルブと交換します。

 

とはいっても、バルブはむき出しになっている訳ではない為、まずカバーを外さなければ。

シート側から見た景色で、ハンドルの両側付近の赤丸印のネジを外しましょう。

 

 

次に反対側に回り込み、赤丸印(画像では隠れてしまっていますが、ヘッドライト下にあります)のネジを外したら、前側のカバーがカパッと外れるようになります。

 

 

フロントのライトカバーを取りました。

 

引きで見たらこんな感じ。

 

いずれも反時計回りに回せば取れますが、ヘッドバルブだけは ”押し付けながら回す” 事をお忘れなく。

 

ヘッドバルブだけはこんな感じでカバー側に残るので、

”押しながら反時計回し”

で抜き取ります。

 

そして逆の手順で新品と交換しましょう!!


ヘッドライトバルブ PH7 12V30/30W ブルー

 

実際に切れたバルブを耳元で振ってみると、カラカラと音がします。

2本の内の1本がなくなっていたんですね。

交換と同時に上目、下目の両方が光ってくれます。

 

この時僕はもう決めていました。

大した値段じゃないし、全ての電球が等しく経年劣化しているはずだから、ウインカー、テール共にすべて交換しよう!!

 

 

ウインカーは非常に小さい玉ですね。

ゴム手袋をしていたので良かったですが、前後合わせて4か所の内、ソケットから外す時に1個握り潰し、欠けてしまうハプニングがありましたので、皆さんもお気をつけあれ。


【メーカー在庫あり】 AWB17 M&H マツシマ ノーマルバルブ 12V8W ウインカー球 (クリア) (2個入り)

同じく逆手順で進めて行きましょう。

テール側は後日で解説しますが、その前に次回の記事ではウインカースイッチの不具合を直してみたいと思います。

 

【本日の作業】バイク屋での工賃目安:¥4,000+¥1,000(各バルブ)

必ず自分で出来る作業です。

時間がある人はこれくらいやっちゃいましょうね、工賃の半分以下で材料揃いますので・・・。

コメントを残す