戻りが悪いキックスターターを自分で直す レッツ2(CA1KA)を再生する

蹴っても一向に戻ってこないキックにイライラしませんか?

元々、レッツ号を直そうと思ったキッカケがコレ!!

ついに本丸へとたどり着きました。

ダラダラ説明するよりも、まずはこのビフォー動画で見てみてください。

 

キック後、じらす様になかなか上がってこないスターター。

毎度毎度こんなんだから楽しくなかったんです。

特に冬場は余計にひどくなって、つま先で上げてやらないと所定位置に戻るのを拒否される事もありました。

加えて既に交換済ですが、改善前の状態の点火系とウインカースイッチの様子も撮っています。

コチラも右左折のシグナルや停止などの切り替えがスムーズに行えない為、運転に支障が出る程になってしまいました。

あなたの原付も同じような調子なら、重症なんで僕と一緒に修理しましょうね。

 

ハイ、それでは直していきましょう。

今回の記事は少し長くなるので、お覚悟を。

 

キックスターターのカバーの取り方手順を解説

最初に黄色矢印が示すその先、キックペダルを止めているボルトを緩めて外しましょう。

下から上に向かって、ガッツリと奥まで入っている為、コレを抜き取った上で、ペダルを手前方向に引き抜く様に取りましょう。

 

さっそくキックスターターカバーを開けてスターターペダルの戻りを遅らせている原因を取り除いていきたい・・・。

でも前回オイルフィルター交換で触れたエアクリーナーカバー(手前側のみ)が、このキックスターターカバーを留めている2本のボルトを隠してしまっている為、外す必要があるんです(※以下画像内の赤丸印)。

※エアクリーナーカバーの詳しい外し方は過去記事:交換しないとエライ事になるオイルフィルターをご参照ください

 

続いて画像内の赤丸、黄丸印のボルトを緩めて外していきましょう。

 

そして、クルクル回したら・・・?

 

ほい、中身の登場!!

 

ウソ!! これはクランクケースと呼ばれるものでした。

本当の中身はこの奥です。

黄丸印のボルトを緩め、本丸へと進みましょう。

但し、初めてココを開ける人は、めっちゃ固くなっている恐れがあります。

くれぐれもネジ穴を壊してしまわない様、ドライバーを突っ込んでハンマーで叩くなど、固着箇所の解消が必要かどうかチェックしましょう。

 

正真正銘のご対面~。

キックギアは、汚れで真っ黒でした。

潤滑油も切れた上に、細かいゴミ、ベルトカスが詰まってスターターペダルに悪影響を及ぼしてたんです。

 

クリップで留まっているギアの芯を外します。

そしてパーツクリーナーまたはキャブクリーナーで汚れを洗います。


【呉工業 クレ KURE】パーツクリーナー 840ml

 

そして556をまんべんなく振りかけていきます。

556は即効性期待の潤滑油なんで、その上にスプレータイプもしくはペーストタイプのグリスを歯車部分の溝に、直接攻撃かましちゃってください。


AZ(エーゼット)万能グリーススプレー Z-46 420ml/長期潤滑、水に強く、熱に強い/グリススプレー/万能グリス/スプレーグリス/スプレーグリース

 


【メーカー在庫あり】 0900-969-00200 キタコ スーパープーリー グリス 5g

ちなみに僕は両方付けときました。

変わったかって?!

もう、激変ですよ!! 効果テキメンですよ!!

仕上げにペダルに黒のリペイントを施し、見た目も上げてました。

【本日の作業】バイク屋での工賃目安:¥5,000~7,000+¥1,000くらい(スプレー諸々)

 

修理後の動画は次回記事にて公開致します。

コメントを残す