プラグ交換 追加補修 レッツ2(CA1KA)を再生する

もうひと火花、散らそうかい?!

キックスターターとウインカー修理の結果映像・・・もう少し待ってください!!

その前に幾つかやり忘れていた事がありましたので、そちらを先に公開致します。

 

中古のレッツ2を買ってからやってなかった事は沢山ありますが、

スパークプラグの交換

についても一度もしたことなかったです。

 

一般的に原付バイクのプラグは、5,000㎞毎に交換するのが目安と言われております。

正直そんなに走っていないのですが、前オーナー時代はどうしていたのか分かりませんし、もしもメーターが既に1周していたら・・。

 

そんな事を考えるくらいなら、機会のある時に替えてしまった方がいいだろう。

またそれ以前に一度取り出してみて、実物をこの目で確認する方が先決です。

しかし肝心のプラグ、どこにあるのだろうか・・?

 

レッツ2のプラグ交換、位置について!!

パッと車体を見渡して、スグに分かるところにスパークプラグは見当たりません。

調べてみると、

底 ⇒ シート下

あたりに存在する事が分かりました。

 

詳しいその位置、画像が一番共有しやすいのでご覧ください。

ステップ下、汚く劣化したマフラーが見えますね。

 

ここからあえて向きを変えてみますね。

 

はいココ!!

丸で囲った部分にプラグキャップ(プラグコード)があります。

完全に地面に寝転んでの撮影=交換作業となりますよ。

 

光の反射で見えにくい為、さらにアップ。

このキャップを取り外しましょう。

 

ハイ、出てきました。

 

横から見ると、プラグの白い部分が分かりやすいですね。

 

プラグの付け替えに使うレンチサイズです。

 

反時計回りで出てきた旧スパークプラグ・・・汚れています。

 

今回交換する新スパークプラグ。


【BPR6HS-7022 ゆうメール送料100円 代金引換・日時指定不可NGK スパークプラグ端子形状 分離型【コンビニ受取対応商品】

 

丸印の部分を取り外すのを忘れずに(キャップがハマらないですよ)。

 

両者を比べてみましょう。

改めて旧プラグの右端が少し丸くチビているのがわかりますね。

 

プラグを交換したら、時計回りに締めて、キャップをかぶせて完了です。

※案の定僕は丸印取り忘れて、キャップがハマらず二度手間となりました・・・

 

オイルフィルター交換時にも感じましたが、アクセル時に体感で調子が上がってきているのを感じます。

【本日の作業】バイク屋での工賃目安:¥500~1,000+¥300~¥370(プラグ)

 

乗ってても気持ちがイイですよ。

コメントを残す