狂った最速50㏄マシン アプリリア RS50

どれもとっても50㏄クラスからは規格外のバイク

永らくブログ更新をおさぼりしておりましたが(まぁネタも乏しかったので・・)、今回【番外編】という事で記事をあげてみました。

当ブログの看板であるスーパーカブからは離れますが、めっちゃ特徴だらけのバイクなので、知ってる人も知らない人も楽しんで頂けるかと・・・。

それがコイツ、アプリリアのRS50なのです。

ちなみにアプリリアと聞いてベビーカーを連想した方、違います!!

それはアップリカ(aprica)なので別物です。

 

まずは簡単にスペックなどをご紹介。

メーカー:Aprilia(アプリリア) イタリア製

出力:8.8ps/9,750rpm

トルク:0.77kg/8,500rpm

全長:1,920㎜

全高:1,155㎜

発売:1993年~

この数字だけ並べても今一つ実感として共有できないので、目だったポイントについて触れてみましょう。

 

デ・デカイ・・!! とても50㏄には見えないそのサイズ感

最初にRS50を見たときに飛び込んでくる印象。

これが原付クラスとは思えないその車体の大きさ。

純日本人体系の私が跨ると、両足がペタンと地面に付きません。

上で解説済みの全長・全高を比べてみると一目瞭然。

バイク車名 全長(㎜) 全幅(㎜) 全高(㎜)
RS50(1991年) 1,920 675 1,155
NS-1(1995年) 1,905 670 1,080
スーパーカブ50(2018年) 1,860 695 1,040
RZ50(2000年) 1,805 615 970
GS50(2005年) 1,730 685 930
アドレスV50(2018年) 1,670 620 1,005
モンキー(2009年) 1,365 600 895

主旨の異なるカブやモンキーや、サイズ感のイメージしやすい様、原付スクーターのアドレスVも並べてみました。

同カテゴリーのNS-1やRZ50と比較しても大きい事がわかりますね。

 

なんちゅう馬力じゃ~ クラス最上位のパワー

バイク車名 出力(ps)
RS50(1991年) 8.8
RZ50(2000年) 7.2
NS-1(1995年) 7.2
GS50(2005年) 4.3
スーパーカブ50(2018年) 3.7
アドレスV50(2018年) 3.7
モンキー(2009年) 3.1

いかにこのRS50がぶっ飛んでるのかがお分かり頂けるでしょう。

中でも最初期型と呼ばれる車体では、実質12ps以上と言われており、本物のバケモノです。

そんなRS50は、最高速100㎞も出せる程の力をその内に秘めているスーパー50㏄バイク。

2012年までマイナー、メジャーチェンジを繰り返しながら、販売が続けられてきました。

ただ国内での

  • 排ガス
  • 騒音
  • モペッド

規制で2002年以降は少しスペックダウンしてしまい、RS50のひとつ売りが削られてしまいました。

とは言え80㎞は可能(イジればそれ以上だって・・)。

 

その為、いまでも高値でやり取りされている代物なのです。

スーパーカブも良いけれど、今回はビバ、イタリア!!

 

 

 

 

2 Responses to “狂った最速50㏄マシン アプリリア RS50”

  1. 規制無しの8.8psだが、どんなにいじっても49.7CCのノーマルボアでは100㌔は不可能。チャンバー替えて(ノリーズ ショックカノン)、キャブ替えて(ノーマル12パイ→NSR50純正ケイヒン18パイ)、スプロケ(F12→14 R44→42)、エアクリ撤去で軽量化、バーネット強化クラッチで95㌔。つーか、ドノーマルでも95㌔

    • Yojiさま
      ご指摘のようにアプリリアRS50 日本に流通しているこの型は、100キロ出ないでしょう。
      しかし前オーナー様がイタリア人で私の友人がサーキット走行の際に仲良くなった、前オーナー様が日本に個人輸入した車体なのです。

      100キロ出ても出なくても、何年も前の中古個体には差がある事ですからあまり気にしない様にしております。
      中年が一般道を60キロオーバーで捕まえると社会的制裁や免許再取得が大変ですし、下がスカスカらしいので出す気も起こりませんが(笑)

      よって、この車両は帰国される迄の間、タコ師匠の乗っていたエリミネーター250SEと乗換により長期放置状態となるまでは、毎日通勤に使われていた車体でした。
      前オーナー様『30㌔で法定速度ならアプリリアはどの車体もカブってしまうよ。』
      友人『原付免許シバリは世紀の悪道路交通法だよ』
      前オーナー様『日本人はなぜ50ccのオートバイを弄るんだ?金をかけても費用対効果が見られないだろう?一つ上のクラスに行けば100キロなんか余裕ででるじゃないか?』
      友人『日本では免許取得するのが高いんだよ。』(試験場で取れば安いよ)
      前オーナー様『日本には安くて速いオートバイが沢山あって幸せだよ。あまり潰れないしね。』
      友人『サーキットでも転倒しないように気を付けようね。』

      タコ師匠共通の友人と前オーナー様にこんな会話がございました。

      私自身も恥ずかしながら原付に限界を感じ、早々と原付を極める事なく中型に逃げた軟弱者ですから。

      タコ師などはエンジン何CCでも原動機やと勘違いし、30代前半までずっと無免許(時刻)。
      貴殿の知識、知らなかった事ばかりで感服致します。

      また足らぬ事ございましたらご教授よろしくお願い致ます。

コメントを残す