狂った最速50㏄マシン アプリリア RS50

どれもとっても50㏄クラスからは規格外のバイク

永らくブログ更新をおさぼりしておりましたが(まぁネタも乏しかったので・・)、今回【番外編】という事で記事をあげてみました。

当ブログの看板であるスーパーカブからは離れますが、めっちゃ特徴だらけのバイクなので、知ってる人も知らない人も楽しんで頂けるかと・・・。

それがコイツ、アプリリアのRS50なのです。

ちなみにアプリリアと聞いてベビーカーを連想した方、違います!!

それはアップリカ(aprica)なので別物です。

 

まずは簡単にスペックなどをご紹介。

メーカー:Aprilia(アプリリア) イタリア製

出力:8.8ps/9,750rpm

トルク:0.77kg/8,500rpm

全長:1,920㎜

全高:1,155㎜

発売:1993年~

この数字だけ並べても今一つ実感として共有できないので、目だったポイントについて触れてみましょう。

 

デ・デカイ・・!! とても50㏄には見えないそのサイズ感

最初にRS50を見たときに飛び込んでくる印象。

これが原付クラスとは思えないその車体の大きさ。

純日本人体系の私が跨ると、両足がペタンと地面に付きません。

上で解説済みの全長・全高を比べてみると一目瞭然。

バイク車名 全長(㎜) 全幅(㎜) 全高(㎜)
RS50(1991年) 1,920 675 1,155
NS-1(1995年) 1,905 670 1,080
スーパーカブ50(2018年) 1,860 695 1,040
RZ50(2000年) 1,805 615 970
GS50(2005年) 1,730 685 930
アドレスV50(2018年) 1,670 620 1,005
モンキー(2009年) 1,365 600 895

主旨の異なるカブやモンキーや、サイズ感のイメージしやすい様、原付スクーターのアドレスVも並べてみました。

同カテゴリーのNS-1やRZ50と比較しても大きい事がわかりますね。

 

なんちゅう馬力じゃ~ クラス最上位のパワー

バイク車名 出力(ps)
RS50(1991年) 8.8
RZ50(2000年) 7.2
NS-1(1995年) 7.2
GS50(2005年) 4.3
スーパーカブ50(2018年) 3.7
アドレスV50(2018年) 3.7
モンキー(2009年) 3.1

いかにこのRS50がぶっ飛んでるのかがお分かり頂けるでしょう。

中でも最初期型と呼ばれる車体では、実質12ps以上と言われており、本物のバケモノです。

そんなRS50は、最高速100㎞も出せる程の力をその内に秘めているスーパー50㏄バイク。

2012年までマイナー、メジャーチェンジを繰り返しながら、販売が続けられてきました。

ただ国内での

  • 排ガス
  • 騒音
  • モペッド

規制で2002年以降は少しスペックダウンしてしまい、RS50のひとつ売りが削られてしまいました。

とは言え80㎞は可能(イジればそれ以上だって・・)。

 

その為、いまでも高値でやり取りされている代物なのです。

スーパーカブも良いけれど、今回はビバ、イタリア!!

 

 

 

 

最近の投稿

コメントを残す