許せない!! バイク泥棒

江戸時代のお話では、馬泥棒は死罪だったそう。

現在でいうところのバイクとイコールにするには、経済レベルに大きな隔たりがありすぎてちょっと無理があるかな・・と感じつつ、コレ愛車盗まれた人なら黙って見過ごせる話題じゃないでしょう?!

気持ち的には、市中引き回しの上、磔、獄門の刑に処したいくらいのレベルかと。。

Transporting_a_criminal_to_execution_in_Japan-J._M._W._Silver

 

ちなみに僕は幸い今までバイクを盗まれた経験はありません(チャリンコなら何度かありますが・・)。

それでも愛車の鍵をぶっ壊され、あわや未遂という事態があり相当ムカムカものでした。

売る気のない愛車に「高く買い取ります」的な張り紙が無断でくっつけられているだけで、「おいお~い」と言いたくなるのに・・・。

皆さんはどの様な経験がありますか?

そしてどの様に対策されていますか?

 

警視庁が発表するバイク盗難に関連するデータを見てみると、面白い事がわかってきます。

 

バイク盗難に関する認知件数推移

496399ca209c4cd3079bf5c4b7625b31_s_R

以下のデータは都内で発生した認知されている(実際にはもっと多いかもしれませんが)バイクの盗難件数です。

平成27年の発生件数に注目すると3,207件と、平成23年から減少傾向にあったものが、162件(5%)も増加している事がわかります。

あくまでも結果ベースなので、原因まで究明されていないのですが、何故なのか気になるところ。

ちなみに平成26(2014)年から平成27(2015)年までの販売台数は10%以上減少しているので、もしも販売台数が平成26年並みだった場合の盗難率の実質的は、181件(6%)とさらに上がってしまうのです。

⇒※ 平成28年度版で更にガクンと盗難数が下がって、2千件を切る勢い。

<警視庁:東京都>

(生活安全総務課手集計より)

 

 

d7204f6c5a25a9bde5ae435b7c3b1ee9_s_R

それではもう一方の大きな都市、大阪府のデータも見てみましょう。

やはりひったくりワースト地区だけあって5,310件と東京を上回っております。

でも両エリアの人口自体に大きな開きがあるはずなのに・・・。

ちなみに東京は1,310万人に対し大阪は880万人(2010年度:1万人単位切り捨て)です。

この差は約1.5倍に相当する事から、もし都内で大阪並みにバイク盗難が頻発したらをシミュレーションすると、4,810件という数字が出てきます。

・・・あれ? おかしいですよね? 人口比で均したばすなのに・・。

そうなんです、犯罪(バイク盗難)率が東京比で10%程度高いんです。

<大阪府警察:大阪府>

osaka-thief_R

予想通り大阪は、大変不名誉なデータとなりました。

この大阪の数値が高い事の原因については、ほんとは色んな要素が影響しているはずなのですが、デリケートな内容を含む為、あえて割愛させて頂きます。

というより都も府も県も、事件に関するデータ分析等は、統一のフォーマットを使って作成してもらいたいですね。

そうしないと国民としては、細かい比較も出来ないし、警察が一本化する事で、コストもアプローチも効率化できると思うんですよね。。

また脱線してしまいましたが、他府県から大阪へツーリングでいらっしゃる方は、少なくともいつもより10%増しで愛車盗難の警戒を行ってくださいね(笑)。

もうこういう事で捕まる人に関しては、個人的には「私は○○のバイクを盗もうとして捕まりました」的な看板をサンドウィッチマンみたいに背負わせて、町中のごみ拾いを一定期間やらせたいですね。

人権侵害といわれますね・・すみません。

 

バイクが盗まれた。 どうする?

オーナーからすれば本当に許しがたい事ですが、減少したとはいえ全国のバイク盗難件数は51,500(10件単位以下切り捨て)件で、うち検挙されたのは5,600件と約11%に留まる低いレベルです。<平成25年の犯罪情勢 – 警察庁より>

これは盗難全体のおよそ1割しか犯人が捕まらないという事。

どろぼう_R

そしてもう一点気になるのは、盗まれた愛車がオーナーの元に戻ってくるのかという事ですが、こちらの数値は意外にも盗難件数全体の45%と高く、僕自身驚かされました。

過去10年を遡ってみても、37~45%の推移(それも上り調子です)で、何故なのか疑問です。

街により多くの監視カメラが設置されている事や、解像度が高くなった事などがその理由なら、なぜ検挙率が上がらないの?とか思ってしまいますよね?

ただ例え愛車が手元に戻ってきたとしても、”無事な状態”は保証されません。

プロの窃盗団によりほとんどのパーツが剥ぎ取られほぼ残骸のような状態や、珍走団(暴○族というと調子乗らせるだけなので)仕様に改造されていたりなど十分に考えられます。

 

そんな事態に陥らない為に、オーナー側で講ずるべき対応策を以下の3項目に分けて考えてみます。

  1. 愛車は盗ませない:バイクの盗難対策ーこれが効く‼ 防犯(自衛)対策
  2. 盗られたダメージを最小限に:バイクの盗難対策ーオートバイ盗難保険事情
  3. 盗り返す可能性への挑戦:バイクの盗難対策ー警察への盗難届の出し方

詳しくはこれらのページを作成・更新と同時に、ブログ上でお知らせして参ります。

コメントは受け付けていません。