カブと向き合おう スーパーカブ50CMS復活

トップページからここをのぞきに来てくださった皆さま、ありがとうございます。

でもね、こんなん初めてですから、正直どこから手をつけて良いもんか、さっぱりわからんのですよ。

 

外見は錆びやコケが目立ちますが、運搬前の状態は車体の狭い隙間からめっちゃ雑草が生えたりしてまして、新手のエコカーなのかな?と勘違いする程の状態。

バイクからは草は生えない事に気づき、バンバン引っこ抜いて今がございます。

スーパーカブをバイク知識のない人間が修理するブログ

 

こういうモノを掘り起こす気持ちに近いのかも知れません。

ボロボロのスーパーカブを素人が復活させる過程を公開するブログ

 

ただすぐにエンジンがかからなくても、ガミラスの目はごまかせたとしても、タコ師匠は騙せません。

信じて取り組みましょう。

エンジンがかからないカブ 原因を探る

 

 

総走行距離はよ~く見よう メーターは変えられていないか?

メーターの走行距離2078.5㎞。

んなアホなぁ。

非常に古いカブだけど、走行距離は低い

・・・信じちゃってもイイのかい・・・?!

 

これが本当だとめちゃ嬉しいのですが、知るよしもございません。

年代モノのカブにはそれ相応のレトロ感が漂う

 

まだ何一ついじってもいないこのカブですが、私の両親(といってももう70歳超えてます)が乗りたいというので、その為に取り組んでいくことになりそうです。

本当はわからんなりに、可愛らしく仕上げてみたいという希望がありましたが、”走る・曲がる・止まる”の安全面に特化して高齢者に優しい乗り物を目指しましょう。

そしてこの単車でスキルがついたら、カブの小型で2人乗り対応の中古を入手して、今度こそ自分色に染めていくと胸に誓うのでした。

 

そうそう順調にこのブログが進んでいけば、掲示板も併設して僕同様のバイク初心者の方々とバイク好きが双方向でQ&Aできる様な掲示板があればいいな、とか、タコ師匠はバイク乗りであつまってオフ会バーベキュー等楽しそうと勝手に盛り上がったりしています。

まずはこんな感じでゆる~く進んでいくので暖かく見てやってくださいませ。

 

つづきの記事へ進む

カブのレッグシールドの外し方
外装パーツを外してみよう その1 スーパーカブ50CMS復活
カブに触れる手はおっかなびっくりへっぴり腰 まずは運転時に両足を覆う、レッグシールドを外してみます。 固定部は左右合わせて計6か所あります。 作業前には必ず写
2016-06-02 10:00

 

 

コメントを残す