バッテリーを交換してみよう スーパーカブ50CMS復活

20年前に作られたバイクが、10年放置された状態で、電源が入るわけがない。

・・・という事で、バッテリーの交換をしましょう。

カブのカギを回して灯火系をチェック

 

さてバッテリーが設置されている位置ですが、右側(マフラーがついている側)のカバーをマイナスドライバーで外しましょう。

スーパーカブのバッテリーの場所はサイドカバー

 

カバーを取り外した中身はこんな感じになっています。

そして赤丸印の11mmボルトを緩め、中のバッテリーを取り出します。

スーパーカブのバッテリーの取り出し方

 

出てきました、出てきました。

電極はプラスとマイナスがありますが、感電するリスクがある為、必ずマイナス(手前側)から外します

バッテリー交換時に外す端子の順序

 

取り去った後、ポッカリと開いた穴。

スーパーカブのバッテリーケース

 

取りだしたバッテリーです。

スーパーカブ用ユアサ製国産バッテリー

 

さぁ続いて新しいバッテリーを装着致します。

台湾ユアサ製スーパーカブのバッテリー

取り外した時と逆の手順で・・。

しかしバッテリーをつなぐ順番には機をつけてください。

こちらも感電リスクを避ける為、必ずプラス(奥側)から付けましょう。

 

純正バッテリーは非常に高価です。

定価で¥5,000~¥8,000位します。

それでも構わないという方は、この記事飛ばしてください。

 

スーパーカブC50CMSに対応したバッテリーの型番はYT4L-BSです。

アマゾン上の価格が最も安かったので、頼みましたが来たのは中国製(コメントが国産っぽく、非常に紛らわしかった・・)。

今のところ問題は一切ありませんが、知っていたら絶対台湾製を購入していました。

ですので皆さんには台湾製のGSユアサバッテリーをご紹介しておきたいと思います。

品番はYT4LXーBS、見た目もボーダー模様が無かったりと少し異なりますが、価格も¥1,940(2016年5月時点)と何と中国製より¥160低い設定で最安値でした。

 

そしてそして、運命の分かれ道。

キーを回してみますと・・・。

バッテリー交換後にニュートラルライトが点灯

 

アムロ・レイ こいつ動くぞ

「コイツ、動くぞ!!」

俄然やる気が出てきました。

 

★今回のおさらい

必要なツール

■スーパーカブ50用 バッテリー

つづきの記事へ進む

試しにキックでエンジンをかけてみる スーパーカブ50CMS復活
カブのキックスタート記念で動画デビュー❤ 中古のスーパーカブ、あまり訳もわからないまま進めてきましたが、ライトが点いたのを良い事に、ここらでひとつ、一度キッ
2016-06-05 10:00

 

前の記事に戻る

外装パーツを外してみよう その2 スーパーカブ50CMS復活
サビとの闘い 固着したネジの取り方 カブの前カゴ。 錆びも全体に回りきっていて、これはダメだなと判断しました。 取り外して廃棄ですね。 画像中央
2016-06-03 10:00

コメントを残す