外装パーツを外してみよう その1 スーパーカブ50CMS復活

まずは運転時に両足を覆う、レッグシールドを外してみます。

固定部は左右合わせて計6か所あります。

作業前には必ず写真をとって、ボルト・ナット・ワッシャーなどの順番など記録しておきましょう。

パーツ毎に袋分けしたり、番号や名前を付けておく事もオススメです。

ボルトは左右各3か所の計6個。

赤丸印の1と2は10mm、3は12mmです。

シートに座って右側1のボルトには、フックが付いているので、無くさない様に。

regg_RR

 

レッグシールドアップ

1か所だけレッグシールドのボルト付近が割れて破損してました。

最終的に汚れを落として、修理しなくては。。

ただこの辺に関しては、さすがに初心者の僕でも「ンフッフ~♪」という感じで何の不安もない工程です。

 

で、取り外せたレッグシールド。
レッグシールド表

錆び&コケ。

 

全体的に汚いです。

レッグシールド裏

 

裸になったカブ50カスタム。

急に貧相に見えます。

レッグシールド取りました1

 

でも見た目的には、コード類さえカバーできれば、シールド無い方がスッキリしててスタイリッシュに感じます。

レッグシールド取りました2

 

★今回のおさらい

必要なツール:

レンチ 10mm、12mm

※とにかく初めて触れる箇所については、必ず写真やビデオ録画する様にしましょう

※部品を外した順番も、後から分からなくならない様に、管理しましょう

コメントを残す