後輪交換のその前に スーパーカブ50CMS復活

前輪のお次は後輪交換と考えてたのですが、マフラーが錆び錆びで可愛そうな気持ちになったので、取り外して磨こうかなと思います。

このマフラー、3点で留められております。

まずはマフラーの付け根の2点です。

小さなボルト2つを緩める為、10mmレンチで外していきます。

P5140065_R

 

はい、取れました。

マフラー1

 

取れたマフラーの先端部分です。

通常時は押さえのプレートの様なところで留められていて、そこから先はエンジン内に入って見えない部分ですね。

マフラー2

 

最後の1点は、向かって正面左側のキックスターター付近にあるコイツです。

少し大きめの17mmレンチで緩めます。

P5140066_R

正反対側に同じサイズの17mmボルトがありますので、一緒に回らない様、固定しながら進めます。

 

緩めてます。

P5140067_R

 

ボルトを取るとこんな感じ。 引っかけてるだけ?

P5140061_R

 

ちなみにこちらが反対側から見た状態です。

緩んだからとこのボルトを勢いにまかせて抜くと、マフラーがガッチャーンと地面に落ちてしまうリスクもありますのでご注意あれ。

P5120074_R

 

 

無事ボディからマフラーを外せました。

結構簡単♪

P5140059_R

 

錆びてますね。

輝きひとつなし。

またその向こうに写るセンタースタンドの錆び、というか朽ちが凄いけど、見なかった事にして先に進みましょう(後で何とかしてみます)。

マフラー4

 

コイツをまたワイヤーブラシとボンスターで磨いて付け直しますね。

マフラー5

 

★今回のおさらい

必要なツール

・レンチ 10mm、17mm

最近の投稿

コメントを残す