チェーンカバー塗装 スーパーカブ50CMS復活

作業が前後致しますが、錆び錆びのチェーンカバーを多少でもキレイにしていこうと思います。

まず4点のボルトを取り外します。

2

 

当初は自分で乗る予定だったので、トコトン色々やってみようと思ってましたが、両親に譲る事が決まってますので、操作上の安全面以外の点では正直手抜きが目立ちます。。。

表面の汚れを落としてから、ワイヤーブラシとサンドペーパーで全体を削っていきます。

3

 

スプレー缶の塗料で吹き付けますが、めっちゃ下手。

次回の課題ですね。

ブルーシートか何か敷いた方がベターかと。

 

4

 

時間上、片面ずつ塗って乾かしてなんてやってやれません。

親が乗るんだし、錆びなきゃいいんです、とズボラかまします。

が、立ってくれないので、画像の様にしたら紙が付いて結局二度手間となりました。

5

 

それでも最低限の養生として、【タイヤの空気圧、ドライブチェーンの注意事項】など重要な事が記載されている部分が見えなくならないように、マスキングテープなどで守りました。

・・・まぁこんなんで良いでしょう・・・。

6

 

付けてみます。

スプロケカバーと比較すると、やっすい色調ですが、良しとしましょう。。。

7

 

・・・可・・・としましょう。

8

 

リアサスペンションを戻します。

9

 

こうなるとリアサスの錆びが気になりだします。

10

う~ん。。。。

★今日のおさらい

必要なツール:

・レンチ 10mm

最近の投稿

コメントを残す