まず小綺麗にね レッツ2(CA1KA)を再生する

眼中になかった、ゴメン、レッツ2

日常の足なのにボロボロになるまで・・ううっ・・

ごめんなLet’s2、ずーっとずーっと何のメンテもせずに・・。

何年も、随分前の話になります。

当時5万(当時でも高いな・・)で仕入れたレッツ2。

整備らしい事なんてパンクしたリアタイヤとついでに、ヘタっていたフロントタイヤをお店で新品交換。

そしてシートが破れてお尻が濡れてしまう為の交換して以来。

そうな~んもしていなかったのです。

 

そもそもレッツ2ってどんなバイクなんでしょう?

知らない方に向け、改めてカンタンにまとめてみましょうね。

SUZUKI Let’s2 スペック

メーカー スズキ
車種名 レッツ2
総排気量 49㏄
型式 強制空冷 2サイクル
実燃費 およそ30km/L
最高出力 6.8ps 7,000rpm
最大トルク 0.73㎏/m 6,500rpm

 

 

同シリーズ モデルと販売時期

Let’s 1996年
Let’s2 1996年~2007年
Let’s4 2004年~2015年
Let’s5 2008年~2015年
Let’s 2014年~現在

 

他車とくらべて安さが光ります。

それに今の3~4馬力の原付と比較してもこのモデルは力強い!!

でも乗り物としての人気がない。

だって日用品だもの・・・。

 

ちなみにウチのレッツ2の現状ですが、元々セルはボタンを押すと

「キュ」

くらいしか言いませんでしたが、今ではその返事すらナシ。

 

しまいにはウインカーもウインクしなくなり、スイッチも戻らない。

 

途中どこぞのバカモノにいたずらなどされて、テールランプカバーは破壊されたまま。

 

ヘッドライトはローの方が玉切れ。

 

ミラーも片方は角度が定まらず常にグラグラ。

 

最後の砦であるキックスターターの戻りも悪くなって、いよいよ重い腰を上げました。

 

もう満身創痍だったのですね。

そんな不具合だらけのレッツ2君、実際生活上では家族の足としてめちゃめちゃ活躍してくれているんです。

当たり前の日常に感謝すら忘れていました。

 

タコ師匠からは

レッツの修理に1万かけたらもったいない

とのお告げが下っています。

 

そして何者かが貼ったとみられる中古車買い取りのタグには、こう記載されていました。

「2万円で買い取ります」

ゆ、揺らぐな、俺!!

 

※前カバー開けた状態

 

まずは洗車からですね。

意外とレッツオーナーは多そうなので、これら不具合を追々直す工程を特集記事で公開していきます。

よろしくね~。

 

洗浄後の画像は、色々不具合箇所の修理がひと通り完了した最後にアップ致します。

最近の投稿

コメントを残す