ウインカースイッチが戻らない時は? レッツ2(CA1KA)を再生する

ウインカースイッチは固くなる、動かない等のトラブルには?!

実はこれが今回重い腰を上げて、修理する事となった最も大きなきっかけです。

運転していて一番ストレスになっていた事で、家族からも不評を買っていました。

ご存知の通りウインカーは右へ左へ曲がる際、他の人に出す重要なシグナルです。

これがここ最近になって、ウインカースイッチを右へスライドさせても、また左へ再度戻しても、自動的に中央へ戻って来なくなりました。

それだけならまだスルーしていたでしょう。

困ったことに右(左)折後、ウインカーを切る為にスイッチを中央で押すと、シグナルがリセットされますが、これが反応してくれないトラブルが頻発するようになりました。

力任せにギュッと押すと、はじめてウインカーが切れるのですが、こんな面倒いちいちやってられません。

イライラは募るばかりで精神衛生上ホントに良くない!!

・・・という事なんですね~。

 

このスイッチを調整する為には、今度は裏側カバー(スピードメーター側)を外さなくてはいけません。

 

先ほど開いた表側のカバーの状態をそのままに、スピードメーターを挟んで両サイドの赤丸部分のネジを緩めましょう。

 

続いてシート側に移動します。

分かりやすい様にカバーのかかった状態から始めています。

黄色の点線で囲われた部分がウインカースイッチ。

 

スピードメーター下側のネジを外して、ハンドルからカバーを手前に倒します。

黄色の点線枠がウインカースイッチの内側です。

 

アップで見てみると、黒いカバーがかかっています。

砂とホコリまみれなので、軽く水拭きしていきます。

この時点でウインカースイッチを押しても、いつも通りすごく抵抗があり、滑りが悪い。

汚れと潤滑油が足らないのかも・・?

ネジを緩めて黒カバーを外します。

 

スライドさせるとカサカサの金属が顔を出します。

これがスイッチ部分。

そりゃあ動きも悪くなるわ!!

 

トラブル以前・・? いやそれ以上でしょ!!

スイッチまわりを重点的にキレイにして556をシュッシュ!!

ついでにスプレーグリースも念入りに吹きかけます。

 

カバーもキレイにして、そこにも注油。

 

するとアラ不思議?!

俄然滑ってくれるようになり、これまでの問題が一気に解決しました。

 

あとは逆再生で組み上げなおしたら完了!!

 

さてさて、お次はミラー交換と参りましょう!!

 

 

【本日の作業】バイク屋での工賃目安:¥3,000 + ¥7,000(ウインカースイッチ交換の場合)

汚れのクリーニングと注油だけで復活するのであれば、それに越したことはありません。

556だけでも十分なので、早めにチェック、、、ですね。

最近の投稿

コメントを残す