タクシーがなくトゥクトゥク カンボジア乗り物事情

前記事ではバイクについて触れました。

今度はタクシーについて。

とはいっても日本スタイルのタクシーではなく、荷台をバイクでけん引する ”TukTuk” 。

我々は思わず ”トゥクトゥク” と呼んでしまうのですが、現地の人の正確な発音は ”トクトク” に近いです。

tuk1_R

 

これもやはりホンダドリーム号がほとんど。

tuk2_R

 

カンボジアではバイクの免許はない為、子供も9才、10才になると運転を始めるそうです。

ヘルメットも被ったり、被らなかったり、おおらか。

旅行で乗る機会があったら、まず乗車のその前に行先を告げ、料金を聞くようにしましょう。

服やおみやげ等、他の買い物も同じですが、100%ふっかけてきます。

必ず安くなりますので、そこは嫌がらずに楽しんでいきましょう。

tuk3_R

 

ちなみにこのトクトクの兄ちゃん、はじめは「オニっさ~ん! トクトクど~?」などと声かけてきたんで、乗りました。

シェムリアップのオールドマーケットから、ホテルまでの道のりをつげると2ドルとの答え。

tuk4_R

カブリオレ「話にならん、1ドル」

トク運ちゃん「ん~1.5ドル」

カブリオレ「歩いてもいけるでしょ? 1ドル」

トク運ちゃん「それはちょっとないわ~ 1.5ドルで」

カブリオレ「じゃいい、バイバーイ」

トク運ちゃん「You are strong man! オケ、1ドル」

という感じで無事ホテルへ戻りました。

 

そうそう、カンボジアで一番走っていたホンダドリームの画像があったので、掲載しておきます。

Honda-dream-cambodia_R

 

 

コメントを残す