閲覧注意!! カンボジアの食事情

アンコールワットやベンメリア等の素晴らしい遺跡を満喫した後は、もう一つの野望を叶えるべく、ナイトマーケット近くを散策。

”BUGS CAFE” ・・・?

そうですここがお目当てのバグズ・カフェ。

 

実はカンボジアでは虫を食べる風習があります。

オールドマーケットなどでの露店では、つくだ煮などが見られます。

僕自身、そんな趣味はないのですが、一生に一度くらいは試してみたいと思い、マーケットへ行きました。

でも露店で売られているものは、衛生状態も良くわかりません。

腹痛くらいで収まればまだしも、せっかくの旅行を病院で過ごす羽目になるのは避けたい。。。

 

そんな理由で、ここ、バグズカフェに来ました。

こちらのお店ではフランス人オーナーがちゃんとしたシェフによる虫料理を提供する為、好奇心の強い旅行者が集まります。

Bugs Cafe1_R

 

店内は虫を意識したモチーフで溢れています。

あぁ楽しみ。

Bugs Cafe2_R

 

名前は忘れてしまいましたが、こちらのプレート料理には、色んな虫の料理が盛り合わせになっています。

一見、オシャレな為、なんの違和感も感じさせないところが凄い。

dish1_R

 

こちらの揚げ春巻きには、実は黒アリさんと赤アリさんが入っています。

食べても特に食感なし。

いたってフツー。

harumaki_R

 

野菜炒め風の一品には、居ますよ居ますよ、コオロギと何かしらの幼虫。

コオロギは少し苦みがあって、ビールなんかにも合いそう。

芋虫は外側がグニュっとグミの様。

ウン、気持ち悪い。

itamemono_R

 

二つアップにすると、良く伝わりますね。

koorogi_imomushi_R

 

お次はタランチュラの天ぷら&アリのドーナツ。

donut_R

 

日本でこんなの出てきたら、クレームですよ。

「虫が入ってるぅううううううううううう」という感じで。

ari_R

 

タランチュラ2つに割ってみました。

グロイ。

ちょっと吐きそうな気分で負けそうになります。

tenpura_R

 

串料理のトップは、サソリ。

ハサミの部分がめっちゃ固いです。

甲羅はエビよりも固い、おつまみ系。

sasori_R

 

ミニタランチュラ。

・・・もう慣れました。

kumo_R

 

最後のシメは、タガメです。

横から見るとセミの様です。

tagame_R

かなり気持ち悪かったですが、味の方は苦みが先行する形。

火を通しすぎて、素材の生感がほぼ無かったです。

 

おそらく今後2度と口にする事はないでしょうが、非常に貴重な体験でした。

 

次回からはまじめにバイク記事書きま~す。

 



コメントを残す