激安バイク購入一行様ごあんな~い!!|【単車男編 その17】タコ師匠のバイク史

植田さんの紹介ですからバイクが激安で買えますよ

わたしは1度買ってますからね。
トラックですか?
レンタカーですよ。 最近はわたしにも運転出来るATのトラックがありますからね。

フィットよりもすこし大きいダイナの1トンですよ。

上川さんが運転席、わたしはまん中、副店長が助手席ですね。

副店長ジミー:『すんません、運転してもらって。』

上川:『・・(ニヤッ)』

山中(単車男):『二人ともホンダのCBにするんですか? 』

副店長ジミー:『乗りやすいらしいんでしょう?』

山中(単車男):『ホンダのバイクは乗りやすいですよ。』(市販のCB400は52馬力、教習所にあるのは32馬力)

山中(単車男):『わたしはハーレーダビッドソンの中古をもう一度買います』

副店長ジミー:『ハーレー凄いでしょ?』

山中(単車男):『音と乗り心地が良いですね。』(お前の底辺のハーレーはサス切られてて乗り心地も糞もない状態やったよ)

副店長ジミー:『ハーレーは1回乗ってみたいですね!』

山中(単車男):『右の空き地が駐車場ですよ。前から突っ込んで貰えたら大丈夫ですよ。』

店主:『植田さんとこの人ですか?』

山中(単車男):『そうです!こないだ貰ったハーレーダビッドソン潰れたんで、もう1台買いに来ました!』(アホです)

店主:『教習所のと、赤のVテック、ハーレーの小さい奴ね。適当にそこら辺試乗して、気に入ったら買うて下さい。』 

教習所にあったのを買う?
買えるんですね!
3台程の候補を並べてくれてますよ。

Vテックは上川さん。 こちらも赤、赤白、シルバー、黒が並んでいますね。

 

わたしのハーレーダビッドソンは? 2台しかありませんね。

サスが短いのと、普通の。短いのでないと足届きませんからね。

店主:『リアサスは交換しても同じ値段でエエよ。』

やさしいですね!

プシュ ブォンブォンブォンゴォォォン

副店長、回し過ぎですね。

副店長ジミー:『凄い音ですね。僕は動かしかたわからないんで、これで決めます。』

上川:『・・』

ブォンゴォォォンゴォォォンゴォォォンゴォォォンブルブル

2台目?

ブォンカァーンカァーンカァーンカァーン

3台目?

ブォンゴォォォンゴォォォンゴォォォンゴォォォン

上川:『・・・・(2台目を指差し、ニヤッ)』

副店長ジミー:『これですか?これで決めます。』

上川:『・・・・』

1台目ブォンブォンカァーンカァーンカァーンカァーンブォンブォンブォン

2台目ブォンブォンカァーンカァーンカァーンカァーンブォンブォンブォン

え!?3台目、4台目は?

真っ赤なのを指差してますね。

いよいよわたしのハーレーダビッドソンですね。

1台目ドローンドコドコドコドコドコードコードコードコー

2台目キュルペーンシャカシャカシャカシャカシャカシャカ

1台目を指差してますね。
サスが長い方ですね。
わたしも1台目にしようとしてたんですよ。 グヘヘー! でもサスは変更してもらいますよ。

書類と支払いを済ませてトラックに積み込みしますよ。

あゆみを借りて、載せます。
副店長ジミー:『どうやって積むンですか?』

店主:『やりましょか?』

副店長ジミー:『お願いします。』

手際よく積む店主。 ロープがけもやってくれましたね。

店主:『ありがとうございました! 植田さんによろしくお伝え下さい!』

山中(単車男):『ありがとうございました! 帰りはわたしが運転しますよ。』

上川:『・・・・(無言でキーを奪い取る)』

副店長ジミー:『帰りもすいませんお願いします。』

2日後、陸運局につきましたよ。 車検受けて登録したら終わりですね。

わたしのハーレーダビッドソンは当たり前に車検パスですね。

上川さんのも普通に車検通りました。

副店長?

 

←の部分のチカチカで車検通りません。 速やかに外して下さいとの指示が出ました。

副店長ジミー:『どうやって外したら良いのですか?』

単車男:『わたしも、わかりません』

上川:『・・・・(車から工具を出して、外し始める)』

ジミー:『ありがとうございます!』

上川:『・・(ニヤッ)』

コメントを残す