GN125のバッテリーとプラグを交換しよう

3つ目の工程:GN125のプラグ交換

 

フレームの塗装が乾いたので、プラグとバッテリー両方やりましょうか。

GN125のプラグ交換、かなり不器用な人、メカオンチな人もたぶん余裕綽々です。

プラグコードが外からね、バッチリ黒いコード見えてますから。

 

プラグレンチで外してください。

 

黒い付着物はプラグ交換したら拭き取ります。

プラグ交換前に拭き取したら、エンジン内にゴミ入ると不具合の原因になるから注意。

 

プラグ締めてプラグキャップを押し込んだら

【プラグ交換終了】

めちゃくちゃ簡単です!

 

4つ目の工程:GN125のバッテリー交換

 

次は【バッテリー交換】に行きましょう。

元からキック付いてなく、セルのみでエンジン始動するGN125hは、バッテリーあがると押しがけのみになりますから、煩わしいのです。

誤魔化し誤魔化し、押しがけしてたら無駄な体力消費しますし、バイク嫌いになりそうですからね。

何よりセルスターター楽ちんですから。

まずは、古いバッテリーを外してください。

【今回は予め前項のフレームサビ取にて外してます】

外すのは=➖マイナスから。

 

今回は、後々繋ぎたい物があるので、純正品と同等のアンペア数に耐えうるケーブルを用意します。

何かないかな?

あったあった!

携帯マッサージ機。

ケーブルをわざわざ買うの、勿体ない。

横に並べて、同じ太さで同じ内容量の銅線の太さと本数であれば耐えうるアンペアは同じぐらいです。

防水がてらに誘着テープ。

上から絶縁テープでしっかり巻き巻き。

新品商品のバッテリーですが、予め充電されてはいますが、MAXの電力が欲しいので更に充電します。

付ける時は➕プラスから→➖マイナスの順番ですからね。

イグニッションキーへ。

 

ニュートラルランプめちゃくちゃ明るいな!

 

最近の投稿

コメントを残す