小学1年生の俺がアホ親父のメイトで基礎教育を受ける 五

TURBOを俺のN5Rに移植する言うとおるアホ親父。
ドラム式ブレーキのメイトでは持て余すパワーらしいわ。

 

シャーシダイナモゆう機械にMotorcycleを固定したらそのマシンのパワーや理論上の最高速が測れるらしいけど、残念ながらメイトのパワーなんか興味無いし、3000円ちょっとの金もったいないからヤランねんやろ。
3000キロ毎でのオイル交換するんケチって、5000キロ毎でエエねん言うとおる丸坊主やからメイト如きのパワーなんかに3000円ちょっとの金払う訳あらへんわな。
大型のスーパースポーツ乗ってた頃は、シャーシダイナモのパワーチェックがもっと高い時代にマフラー換えたらシャーシダイナモでパワーチェックしとったらしいわ。

TURBOの仕組みのお話らしい。
排気ガスのパワーでタービンを回してエンジンのパワーに加速させるねんて。
メイトに付けてた奴は電気の力でタービンを回して90ccしかないメイトの排気ガスの量を補う方式のTURBOらしい。

160馬力とか200馬力表示されたら笑うよなぁ〜

排気量が90ccのメイトの6,5馬力が10馬力なった所でオモロいとも何ともあらへんな。
しっかりキバって儲けてまた大型Motorcycle乗れよ。

え?125cc迄でエエねん?
小型やんけ。
え?馬力は40馬力超えさせる?

アホの丸坊主がまたよかなる企みをしとりますよ。
お母ちゃんに言うたるからな!!

コメントを残す