小学1年生の俺がアホ親父のメイトで基礎教育を受ける 六

バイクの冷やし方

エンジンはずっと走ってたら、熱くなってエンジン本来のパワーを出すのが難しいねんやろ?

丸坊主親父「そやで。車でも単車でも農機や建機もな。パワーを出す為にエンジンを冷やす方法がナンボかあるねん。

風で冷やす【空冷】

水で冷やす【水冷】

オイルで冷やす【油冷】

とかな。

桶田被告の盗んだ自転車は何冷や?

自転車も運転しとる人間がクーラーの効いた部屋や日陰で冷やして、水やらスポーツドリンクで身体を冷やすから両方やろ!

丸坊主「氷が一番冷えるで。」

氷冷のエンジンてあるん?

丸坊主「実際には車はともかく、単車に氷を作る機械載せる重さ≫パワーアップ率やな。 製氷機の小さいの作って装着する金額が、単車作るお金が高くなって単車の値段が10万円〜20万円以上上がるで! 寒い場所でエンジンかからへんようなったら、オイルが凍ったりしたらアカンやろし。」

ふぅん、お金儲けのチャンスやと思ったんやけどな。

丸坊主「お前、賢いな。 氷冷却システム特許取って楽さしてくれよ。 燃料を燃やす時に混ざる空気を冷やすって目的ではラムエア言う技術もあったんやで。 最高で5%効果や。 これも費用対効果が低いから最近の単車には付いてない。」

お金かけた割に効果薄いねんな。

丸坊主「とにかく普通のエンジンにしろ、過給器にしろ、空気を冷やさなちゃんとパワーが出えへんどころかエンジン止まったりちゃんと走らへんかったり、焼けたりすんねん。」

 

コメントを残す