小学1年生の俺がアホ親父のメイトで基礎教育を受ける 七

エンジンの違い

前回は【冷却】のお話やったな。
今回は【Motorcycleエンジンの種類】や。

 

小学1年生には難しいねんやろか?
俺はすでに両方のマシンに乗ってるからな。

俺のマシンは【2st】
丸坊主のマシンは【4st】

【2st】のエンジンは
・2つの動作で1回の爆発

【4st】のエンジンは
・4つの動作で1回の爆発

【2st】

・4stより約倍のパワー
・単純な造りでコストが安い
・エンジンオイルは補充するだけで楽
・4stより軽い
・高回転域の加速は麻薬的な味わい


・燃焼効率が100%でなく燃費が悪い
・寿命が短い
・低回転域がスカスカ=廻さないとパワー不足なエンジンパワー

 

【4st】

・エンジンは頑丈で長持ち(単純な単気筒なら素人のメンテナンスでも20万km走れる)

・下道の実用上速度60km/hまでなら125ccぐらいので充分?

・単気筒、2気筒、3気筒、4気筒、6気筒、8気筒またはV型、並列、水平対向等とさまざまな種類を選べる。

・50cc、70cc、80cc90cc110cc、125cc200cc220cc250cc400cc450cc500cc600cc650cc750cc800cc900cc1000cc1100cc1200cc1300cc1400cc1500cc1700cc1800cc2000cc等市販車で排気量がかなり選べる(使い物になるか?は省く)


・50ccのは遅過ぎて全く使えない。

・排ガス規制、騒音規制に問題があり過ぎて、ほとんどの小型車が東南アジア製の逆輸入車

・小型〜中型車が中国やタイ製にしてもコストダウンされ過ぎて高いと感じる。新車価格で大型の中古に手が届く。

・オイル交換がちょい面倒くさい。

・インジェクションでもカーボン詰りがあり始動性の悪化が見られる。

・ミッション車は特に高い

まだまだあるけど一般的にはこんなもんやろ?

大型なったら排気量上げてパワーアップするんやけど、小さい排気量のは値段だけ高こうなって、パワーが出てへん。

燃費、燃費、燃費、たまに騒音言うてたらこんな事になってまうねんや。

せやからNSR250なんかはプレミア付き過ぎて100万円ぐらいのも出てきとる。


NSR80で30代後半〜50万、NSR50でも20代後半〜40万の値札ついとる。
あくまで売る側の値段やけどね。

 

 

俺のN5R50R?
俺のはNエヌ・5ファイブ・Rアールやから新車でも5万位。
NEW(新車でも)5(5万あれば)R(レース出来まっせ)の略やからな。

コメントを残す