大歓迎~ バイク女子、ガールズライダー!! |【単車男編 その44】タコ師匠のバイク史

➖どないすんねん?GB 250クラブマン➖

(以前、豚ゴリラから自賠責1年付きで三万円で譲り受けたクラブマン、更には車検1年半残ってるジミーのCB400スーバーフォー教習所バージョン➡馬力が20馬力ほどディチューンされていて、32馬力しかない。取り外してるが、今何速か?知らせるランプもある。のが処分で回ってきた)

嘘偽りなしで!『師範、これどうしたんっすか?』

植田『どっかのブーヤンがなわがのサイズもわからんとネットで落として、小さい言うて置いて帰りよったんや。』

嘘偽りなしで!『ほんまちっこいっすね。かっこいいっす!CBはジミーっていうムチャクチャ頭デカイ奴のっすか?』

植田『そや、教習所バージョンでボロいし、カブってて調子悪いからな。欲しかったらあげるわ。忍者買う言うてたやん。売って足しにせえよ。車検1年半残ってるから、たぶん4万ぐらい最低なんぞ。』

嘘偽りなしで!『貰えるっすか?ありがとうございます!雑誌に出してみるっす!』

植田『キレいにしてから売れよ。値段上がるからな。』

嘘偽りなしで!『XJ についてたロケットカウルや三段シートつけて売るっす!』

植田『それはそれでかまへんけど、基本的なオイルやブレーキ、キャブ、バッテリーのメンテせなあかんよ。錆び落としてカウルつけて、ハイ一丁上がり!とはいかんで。』

嘘偽りなしで!『自分も出来るっすかね?』

植田『豚ゴリラに教えて貰い。理屈っぽく教えてくれるから。』

嘘偽りなしで!『豚ゴリラ情報量多すぎてわからんっす!』

植田『エンジニアは皆あんなんや。絶対結婚でけへんわ。』

嘘偽りなしで!『師範教えて下さいよ!』

植田『俺は引退試合のトレーニングが忙しねんや』

嘘偽りなしで!『じゃ、どこを治せば売り物になるか?だけでも教えて欲しいっす!』

植田『シャアないのう。○はいける、△は掃除かメンテ、×は交換な。マジックで直に書くから後はシンナーで消せよ。』

嘘偽りなしで!『あわわ、ほとんど△っす!安く仕上げるっす!』

 

豚ゴリラ『おう!ちっさいバッテリー、無理から繋いでるがな。充電していけるんか?これ絶対兄ちゃんの仕事や。見てみ、バッテリーなんか原チャリ用のを使い回ししとる。➕の線の結線が異様に長いやろ?何でか解るか?』

嘘偽りなしで!『知らん』

豚ゴリラ『➕はなんぞに出してたはず、たとえば今何速表示ランプや。➖は車体アースとかに逃がしたり分岐使ってるから親は短くて済むねん、ア、何速表示ランプ外したから、要量の小さいけどアンンペアが高めの原チャリの使ってるねんな?謎が解けた!』

嘘偽りなしで!『そんなめんどくさい説明要らんぞ。これって磨きまくるんか?』

豚ゴリラ『おう!磨くのしんどかったら、兄ちゃんとこの2階にタンブラーあるから、そこへ研磨石と部品いれて一時間位回せよ。』

嘘偽りなしで!『初めて見たり触ったりする機械ばっかで、頭パンクしそうや。』

豚ゴリラ『おう!物事には何でも理由があるんや。葡萄でも何で甘くなるか?何で大きなるか?理由あるねん。』

嘘偽りなしで!『そんなもん、水控えたら甘なるし、お日出さん当てて肥料やったら大きなるわ!ほとんど自然任せや!』

(豚ゴリラが彼女出来ない訳、だいたいわかりますね?そう、デブとか、賢いとか抜きで、理屈っぽく一言で言えばめんどくさいんです。)

嘘偽りなしで!『要点だけ教えてくれや、ダラダラ説明されても頭に入らんわ。理由わかるんやったら、何でお前、あんなサイズもわからんとちっさい単車買おてん?』

豚ゴリラ『おう!お前こそ、XJ いつくれるねん?何が嘘偽りなしでや?』

(この二人、細かく理屈っぽい豚ゴリラ、ノリで行動する嘘偽りなしで!は性格上メチャメチャ衝突します。衝突する度に大喧嘩します。大喧嘩する度に仲直りします。仲直りする度に、より仲良くなっていきます。)

 

➖後日 植田道場横➖

嘘偽りなしで!『師範、デジカメの使い方教えて欲しいっす!』

植田『そんなもん俺に聞くなよ。一番聞いたらアカン奴に聞いてるぞ。豚ゴリラかつばさに聞いてくれよ。』

つばさ『このリンゴみたいなマークの小さいボタンが【電源】。お尻開けたら電池とメモリーカードが入ってたら、後は右上の大きい丸いの押したら【シャッター】。暗かったら勝手にフラッシュ光るし、撮り直しも効くから便利やで。【メニュー】押してみ?色々出てくるから、そこから自分が何したいのか?選んだらええねん。パソコンでそのデジカメの型番入れたら取扱説明書出てくるで。』

嘘偽りなしで!『わかりやすいっす!ありがとうございます!』

つばさ『また解らんかったら聞いてな。』

嘘偽りなしで!『わかりやすいっす!豚ゴリラと全然違うっす!』

つばさ『ゴリちゃんのほうが絶対詳しいで!ゴリちゃんの場合は、その道のスペシャリスト相手に説明するやろ?私は消費者つまり、お客さんに説明してたからな。難しい言葉知らんし、ヒロちゃんみたいに知識ないのに、一番高い商品勧めへんしな。』

植田『迷うたら最新の一番ええの選んだら、後でこんな機能欲しいなってなってもだいたいついとるやん。原チャリ買うて、60出したいな、二人乗りしたいな。言うて原付2種買う。今度は高速乗りたいな言うて250買う。今度はもっと速く言うて400買う。今度はもっともっともっと速く言うて大型買う。メチャメチャ損や。俺はだいぶ損したで。』

豚ゴリラ『おう!俺もアルトワークス買うて、狭かった。で、次にパルサーGT i -R 買うてまた狭かった。今度はランエボ買うて何とか入った。』

植田『お前は現物みんと試乗せえへんからや!お前が軽四乗ったらアカンの、保育園の子でも解るわ!』

豚ゴリラ『おう!自分の体のサイズ、自覚ないねん。それより、CB の写真撮ろうや。』

嘘偽りなしで!『自覚せえよ。』

豚ゴリラ『おう!斜め前からの角度、照明明る過ぎたらラメ入ってるから、何色か解らんぐらい光るわ。フラッシュだけでええな。』

(チームで活動後、ムービーや、写真を担当し、かなりこだわりを持って仕上がりにこだわる豚ゴリラの写真の腕はかなり高く、まず我々の使わない三脚を持ち歩いて、水平線必ず調整してます。)

嘘偽りなしで!『豚ゴリラ、お前の協力なしで、このマシンは陽を見る事がなかった!ありがとう。』

豚ゴリラ『おう!何やねん?改まって。』

植田『キッショ!オッサン同志半泣きで抱き合っとる』

つばさ『売り物の機械に感情的になったら辛いよな~』

(1ヶ月後ぐらいに雑誌に掲載され、走行距離改ざん車にも関わらず、その意味が理解できてない人により落札。嘘偽りなしで!は原価を引いた24万円の利益を出して、その中から10万円を植田、豚ゴリラに持って来た。僕たちはそのお金を半額だけ有り難く受取ります。嘘偽りなしで!は念願のGPZ900R 忍者 極上中古マレーシア仕様を手に入れます。)

 

➖南海部品梅田本店➖

豚ゴリラ『おう!兄ちゃんからも金預かってる。お前から預かってる金からマトモなヘルメット買えってな。』

嘘偽りなしで!『それ、マジか?』

豚ゴリラ『おう!いつまで半コルク被っとんねん?好みはあるけどフルフェイスか、シールド付きでマトモなん被らんと、風で見えへんやろ?』

嘘偽りなしで!『お前ら、何でそんな優しいねん!な、泣いてまうやろ』

(県越えて、西日本最大の来店数を誇る店でオッサン同志のハグは恐いでしょ)

 

➖クラブマン➖

(暫くオモチャがわりに乗ってましたが、あまり刺激的な性格のバイクではないので、誰か大切に乗ってくれる人に引き継ぐ事にしました。)

→ ※脱線してしまいますが、タコ師匠が絶賛連載中の”単車男”の影に隠れ、本ブログ運営者の私カブリオレは、クラブマンやSR系のカフェレーサーチックな奴が好きです(例え速くなくとも)。 入手した暁にはまたご報告いたします。

 

ナース掛川『このかわいいバイク、免許いるの?』

植田『中型自動二輪がいるで。』

ナース掛川『どこで免許とれるのかな?』

植田『ここと、勤めてる病院の間に2件教習所があるやろ。そこで取れるよ。安くあげるんやったら、新ノ口の試験場でも取れるで。ただ誰も教えてくれへん所。』

ナース掛川『ナース組は皆で試験場目指してバイク免許取るわ。たまに教えてな。』

植田『練習用のマシンあるで。試験場のと違うメーカーやけど、大きさとかほとんど同じ。』

(嘘偽りなしで!が、忍者買ったので下取りに、買い手のつかないキャブ詰まりのXJ を手直しし、ノーマルXJR400の外装にしたのが転がってるのだ。CB に付いてた今何速ランプを繋げば練習用に使える。エンジンガードなんか溶接してしまえばいいのだ。

ナース組の全員がバイクに興味なかったのに、少し興味持ってくれました。これはありがたい事です。ナース喬木、掛川、後川、大城、仲島、寅川6名が、免許取るわ、250か400買う言うて探すわ大騒ぎ。チームの身近なのが交代でXJ を使い個人レッスン。時計屋、キャンディーサンダーブルー、嘘偽りなしで!、上川、豚ゴリラがワザワザ植田道場迄出てきて、個人レッスンするのです。植田は仲良しの喬木のみ個人レッスン。他のメンバーは、二人の生徒に一人の先生役をつけて教えていきます。)

キャンディーサンダーブルー『ナオン←(女)紹介して。』

豚ゴリラ『おう!珍竹林の友達が紹介して。言うてたぞ。』

(珍竹林の友達=しおり=カウス顔)

キャンディーサンダーブルー『若いのか?』

豚ゴリラ『おう!二十歳ぐらい』

キャンディーサンダーブルー『ちょっとその子、おさえて。』

豚ゴリラ『おう!珍竹林に言うとくわ』

キャンディーサンダーブルー『今日の生徒、後川さんと仲島さん。二人ともかわいいなぁ!アタリやわ!』

後川『今日の先生役、変なオッサン。ハズレやわ!』

仲島『教え方は時計屋さんか、嘘偽りなしで!、上川さんがええよな?    次にゴリちゃんかな?
指名できるように頼もう?』

後川『オッサン外して!でええやん。』

仲島『ゴリちゃん、あの変なオッサン、外して欲しいな~ボランティアで教えてくれてるのに申し訳ないねんけど。』

豚ゴリラ『おう!ええよ。若い女紹介せえてうるさいねん。俺に言うて来るの間違いやろ?珍竹林に丸投げしてやったわ!』

仲島『グッジョブ!中国人連れて来るのかな?』

山中(単車男)メール:しおりsiorin@docomoXXXXXX

豚ゴリラメール:勝手に教えるぞ

山中(単車男)メール:どう使おうがいいよ

豚ゴリラ『おう!このアドレスにメールして』

キャンディーサンダーブルー『ありがとう。ありがとう。ありがとう。』

豚ゴリラ『おう!ナースの先生役、もう遠出してきてくれるの気の毒やから、来週からはナシで。』

キャンディーサンダーブルー『ええ~!?遠出は何も思わへんで。高速代270円やし
(当時西名阪回数券片道分)』

豚ゴリラ『おう!教える先生役より、紹介する女に忙しすぎて無理なるからな!』

キャンディーサンダーブルー『それもそうやな!イヒヒヒ』

ナース喬木『何がキャンディーサンダーブルーや?あんなオッサン、どっからも稲妻出てへんやろ?』

植田『確かに稲妻なんか出てへんで。出てるのは加齢からくるもんだけや。』

ナース喬木『皆、あのオッサン、嫌がってるわ。』

植田『そっか、あの、オッサンもガソリンスタンド連れて行くか』

ナース喬木『何がガソリンスタンドなん?』

植田『おーい、嘘偽りなしで!レッスン終わったらガソリン入れに行こうか?』

嘘偽りなしで!『師範、あの、ガソリンスタンドっすか?』

植田『当たり前や!あんなエロギャルおるスタンド他あらへんやろ!』

キャンディーサンダーブルー『?そんな優しいスタンドあるの?僕もガソリン入れに行こうかな?』

植田『付いてきたら?』

ギャル店員『毎度~!植田さん』

植田『パイずり、いや、ハイオク満タン』

ギャル店員『いつもエロいですね。パイずり!いや、ハイオク満タン!』

嘘偽りなしで!『自分もパイずりして欲しいっす!』

ギャル店員『アホばっかりか?パイずり!いや、ハイオク満タン!』

キャンディーサンダーブルー『僕もパイずり。ほんまにして欲しいな。ナンボで出来る?ガソリンはレギュラー10リッターで。』

ギャル店員『お客さん、初対面ですよね、気持ち悪いんですけど。』

キャンディーサンダーブルー『僕は客だぞ?そんな態度でいいのかな?』

植田『東大阪市の○○金属工業メッキの真鍋さん!レギュラーだけでそんな態度はお控えください!東大阪市○○金属工業メッキの真鍋さん!セクハラ買春はお控えください!』

ギャル店員『植田さん、ありがとう。あのオッサン頭オカシイの?』

植田『名刺渡して会社のメールにメールして言うて。そのメールに連絡して来よったら正体わかるわ。』

ギャル店員『かしこまり!』

キャンディーサンダーブルー『な、ナンボ?』

ギャル店員『レギュラー10リッター、1378円です。あと名刺です。そのメールアドレスにメールして下さい。』

キャンディーサンダーブルー『僕のメールはこの名刺にあるから登録しといて。1400円な、お釣りはいいから、何か美味しいものでも食べて。』

ギャル店員『チロルしか買えそうにないな~植田さん、あのオッサン、ケチやし会話にならんで?適当にいじくってメール内容を転送したらええねんな?』

植田『いつも悪いなぁ。助かるわ。』

ギャル店員『こっちこそいつもありがとうございます!』

ガソリンスタンドメール:○○金属工業メッキ 真鍋さん本日は来店ありがとうございます(^^ゞ
店では私語を禁じられてて、あまりお話できません(>_<)
またゆっくり手洗い洗車でもご注文ください(^^ゞ
お待ちしてます(^-^)

キャンディーサンダーブルーメール:僕を洗って欲しいなナンボ?

ガソリンスタンドメール:メール受信拒否しました。迷惑メールリストに登録されました。

植田『最低なオッサンやな』

(ナース達、全員自動二輪免許合格しました。4回~7回受けた回数は様々ですが、教習所の1/3以下です。)

【クラブマン250 軽い、パワフル、車検要らず。自賠責残り11ヶ月。名義変更付きで。後任意保険入ったら乗れる。価格は入札】

植田『ナース達、これ乗りたいな!思う人は入札額買いて箱に入れて。』

ナース喬木『バイクの値段なんか解らへん。30万円ぐらい?』

植田『そんな値段やったら、喬木愛人にするわ』

ナース喬木『愛人せなアカンぐらい安いのか?』

植田『部品交換した分貰っても5万円貰ったら御の字やで。』

ナース喬木『嘘やん?でも入札やからな、看護師って全員金銭感覚オカシイから油断大敵やな。』

植田『確かに金銭感覚オカシイな。若いのにごっついブランドの鞄やらロレックスやシャネルの時計な。うちのリーダーの店では取り寄せな在庫あらへんからな。』

喬木『ハズレたらな、似たり寄ったりの、店で買うたらナンボぐらい?』

植田『相場で10~20やろな?中古やから全く同じのはないけどな。』

(結局15万円で共同オーナー制度を利用した喬木、仲島の二名から15万円を一旦貰い、後日10万円を5万円ずつ返却しました。)

喬木『こんなに返して貰ったら愛人ならなアカンな』

仲島『2万5千円ずつって安過ぎるわ。』

植田『また今度入院したら個室で3Pさしてもらうから。』

喬木『眼が笑ってへんから、恐いでしょ?』

植田『マジメに言うてるからな!』

 

 

最近の投稿

コメントを残す