ついに新Vベルト装着!!  駆動系の交換 その5 レッツ2(CA1KA)を再生する

新しいVベルト取り付けの際は向きに注意しよう

「アレ? 前回の記事からいきなりドライブベルト(Vベルト)が新しいモノに変わっているぞ」

と思われた方、正解!!

その工程をあえて割愛しております。

つながりが悪い理由は

戻りが悪いキックスターターを自分で直す レッツ2(CA1KA)を再生する

ベルトの外し方 駆動系の交換 その2 レッツ2(CA1KA)を再生する

にて既に触れているから。

この前の工程を詳しく知りたい場合は、上記記事をクリックしてください。

 

まずはクラッチ側(下の画像)にベルトがかけましょう。

ただその際は向きに注意して、上に来るベルトの方向がドライブプーリーに向かって進む要領で取り付けましょうね。

 

それが出来たら下画像の様に、ドライブプーリーにVベルトをかけます。

このベルトでは黄色の矢印サインがドライブ側に向いている事が確認出来ます。

 

Vベルトが前後にキチンとかかりました。

引いて見るとこんな感じです。

ちなみにクラッチの上にラップがあるのが気にかかっている方は居るでしょうか?

これはオイルフィルターがむき出しになっていて、洗浄などで使用するパーツクリーナーなどがかかってしまわない様に養生しているだけで、深い意味はありません。

 

プーリー側にキックギアを取り付けます。

完全にキレイにはなりませんでしたが、錆び錆びの状態からは脱却出来ました。

 

ここで再び ”ユニバーサルホルダーツール” の登場です。

覚えてますか?

プーリー替えちゃおう!! 駆動系の交換 その1 レッツ2(CA1KA)を再生する

の記事でも登場しましたね。

これがないとクラッチの取り外しがかなりシンドイ作業になると思います(僕ならしません)。

取り付け=締め の時は逆サイドに取り付けて、クラッチを固定しながらの作業です。

 

次にクランクケースを付けます。

 

カバーを戻しましょう。

後はキックペダルやオイルフィルターカバーを取り付けるだけ、もうすぐ完了ですよ。

※やり方わからない方は、以前の記事をご覧ください。

 

今回使用した交換パーツ:ウェイトローラー、Vベルト、ドライブプーリー

パーツ紹介記事:プーリー替えちゃおう!! 駆動系の交換 その1 レッツ2(CA1KA)を再生する

【本日の作業】バイク屋での工賃目安:¥3,000~¥5,000+¥3,800~¥6,000(プーリー、ウェイトローラー、Vベルト)

コメントを残す